仮想通貨

仮想通貨の種類

仮想通貨ブロガー見習いのサカガミヨシオです。

さて、今回は仮想通貨の種類について見ていきましょう。たくさん種類がありますが、最初の内は主要なものだけ覚えておけば問題ないと思います。最終的には網羅的に把握していることできっちり利益を出していけるのかなと思いますが。

ざっと有名なものを挙げると下記ですね。

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • リップル(Ripple)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ネム(NEM)
  • モナコイン(MONAcoin)

ビットコインは言わずもがな、最も有名な仮想通貨ですね。現在においても仮想通貨の世界で大きなシェアを占めています。イーサリアムは「スマートコントラクト」という、契約情報も台帳で管理できる技術で知られています。

リップルはかなり理解するのが難しくて、僕はまだ完全に理解できていませんが、リップルを仲介通貨として利用することで、国際送金などをスピーディに行うことができるようです。ライトコインはビットコインに似ている通貨でありながら、決済速度が上がっていたりするなどの違いがあります。

ネムはProof of Imporatanceという指標を持っており、財力やそれによるシステムではなく、ネムをよく使う人がより大きな利益を得られるようにしています。モナコインは日本生まれの仮想通貨で、日本国内で使えるところが増えてきている技術力の高い仮想通貨です。

「仮想通貨ってどれを買うのが良いの?」というのは誰もが思う疑問ですが、かなり難しい技術の話を理解する必要があるので、答えるのがかなり難しい質問でもありますね・・・。

初心者の内は情報がまとまっているサイト(例:仮想通貨の窓)などで勉強をしていくのが大事だと思いました。

ほいじゃまた!

仮想通貨

ビットフライヤーの使い方

仮想通貨ブロガー見習のサカガミヨシオです。

有名なビットフライヤーで仮想通貨を買ってみようと思っているので、ビットフライヤーの使い方を調べました。備忘録を兼ねて書いておくので、これから仮想通貨に手を出そうと思っている方の参考になればと思います!

まずはアカウントの登録をする必要があるので、ビットフライヤーのサイトへアクセスします。メールアドレスなどを使用してアカウント登録を済ませたら、二段階認証や本人情報、口座の登録も済ませる必要があるとのこと。

僕は知らなかったのですが、本人確認資料も提出しなきゃいけないらしいんですよね。免許証やパスポート、顔写真付きの住基カード、個人番号カードなどが本人確認資料として使用できるので、画像ファイルをアップロードして確認してもらうようです。

必要な最初の手続きが全て完了したら、「入出金」というメニューから日本円の入金を行い、それをもとに仮想通貨の売買を行うことができるとのことです。

ちなみにビットフライヤーに限らず、仮想通貨は「取引所」と「販売所」から購入することができます。取引所は個人間で売買を行うところで、販売所はビットフライヤーなどの運営と売買のやり取りを行うところです。販売所ではスプレッドが広く、損をしやすくなってしまうので、特別な理由がなければ取引所で売買を行うのがおすすめとなるようです。

こんなところでしょうか。他の取引所でも大体は同じなのではないかと思います。

取引所が違えば使い勝手も扱っている銘柄も手数料も違うので、複数の取引所に登録して、一番条件の良いところを拾っていくように取引を進めるのが良いらしいです。

投資ってやっぱり難しいですね・・・。ほいじゃまた!