車を売る前に綺麗にした方がいいのか?

車を売る前に綺麗にすべきか?それとも綺麗にしなくても値段は変わらないのでしょうか?

もし車を綺麗にして買取額が上がるようでしたら綺麗にしときたいですよね!

答えは「少し上がります。」

正直に言うとほとんどの場合、対して売却額に影響はないと思います。

なので、傷の修復や洗車に出すなどお金を掛けてまでの修理は無意味というかかえってマイナスになるので、止めた方がいいでしょう。

というのも、買取りした車は、店頭やオークションに出す前に自社で綺麗に掃除します。そのため、査定前に洗車や車内の掃除をしても、査定額がアップするとは限らないんです。

ただ、無料でできる掃除はしていた方がプラスです。例えば、シートのシミを綺麗にするとかステッカーはがすとかです。外観も自分でできる範囲内で綺麗にするといいでしょう。

査定を受ける前に車を綺麗にしておくと、査定士の受ける印象が大きく変わってきます。綺麗なことによって、定期的にメンテナンスもしてきた大切に扱われてきた車両という印象を持ちます。

また、営業トークでも「大切に乗ってきた車なんで」というセリフに説得力が出てきます。査定士も人間なので、ぞんざいに扱ってきた人よりは、丁寧に扱ってきた人から買い取った方が気持ちが良いのも事実です。

お金をかけないでやる掃除は以下のようなものが挙げられます。

・車内清掃は目につく所の拭き掃除をする
・トランク内の整理や入らない物などを廃棄する
・ドリンクホルダー、消臭剤、芳香剤を取り外しておく
・足元のマットを取り外し、簡単に掃除機をかける
・消臭する(特に車内で喫煙していた車は)

大切に乗ってきた車に「今までありがとう」という気持ちを込めながら掃除すると素敵ですね(^^♪